沈黙の研究

スティーブン・セガールの沈黙シリーズのことだけ書きます

沈黙の報復

f:id:nby2ki:20181212103442j:plain

基本情報

米タイトル

Urban Justice

日タイトル

沈黙の報復

米コピー

When revenge is personal, justice can be brutal.

日コピー

オヤジ、死に挑む。

米公開日

2007/11/13

日公開日

2007/11/24

監督

ドン・E・ファンルロイ

あらすじ

息子を殺された父親が犯人に報復する。

主人公

  • 名前:サイモン・バリスタ
  • 職業:不明
  • 過去、現在の職業は不明で、何故か警察のデータベースに自分の名前でログインできたり、出処不明の銃火器類が登場、ビデオで合気道を覚えたなど、謎の人物風に描かれますが、ただ、映画としていい加減なだけっぽいです。家族構成は、妻とは別れていて、珍しく息子がいますが、殺されてしまいます。そして、最後、犯人のところへ乗り込むぞというときに、大家さんから「報復は報復を呼ぶだけ。それじゃ、ギャングと同じ」と珍しくセガールの行動に本編からの制止が入りましたが「いいや、俺のほうがワルさ」と無視し、さらにギャングからも「クールな野郎だ、筋金入りのギャングだぜ」とワルぶりを賞賛されるという、いつもどおりを貫き通す安定の主人公でした。

感想

オヤジの映画祭第3弾にして「”沈黙シリーズ”遂に完結!?」と2度目の終焉宣言がなされましたが、やはりネタでした。今作では息子が殺されたため、すごく怒ってますが、演技はいつもと同じです。ストーリーの単純さ、セガール拳の多さなどからいって、沈黙シリーズの中では、良作の部類と云えるでしょう。ガセ情報により、関係の無いギャングたちがキャメルクラッチで絞殺され、耳を撃たれるなど、壊滅状態になり、面白可哀想なところがいいですね。あとは、ロバート・ロドリゲス監督の作品でよく見るダニー・トレホが出演するというので、楽しみにしていましたら、全く重要でない役で、ズッコけました。ドン・E・ファンルロイ監督とは、3度目のタッグということで、おそらくセガールとは仲が良く、重要人物です。

リンク

動画

アイテム

沈黙の激突

f:id:nby2ki:20181019095744j:plain

基本情報

米タイトル

Attack Force

日タイトル

沈黙の激突

米コピー

Humanity's greatest hope... Faces his greatest battle.

日コピー

オヤジ、超人に挑む。

米公開日

2006/12/5

日公開日

2007/11/10

監督

ミヒャエル・ケウシュ

あらすじ

米軍将校が、薬物で超人化した人たちをやっつける。

主人公

  • 名前:マーシャル・ローソン
  • 職業:米軍将校
  • 部下からは「威厳がある」「クソ野郎」と云われ、賛否両論。結局、敵に薬物をばらまかれてしまうと、汚染された村の村人を容赦なく虐殺していくという冷酷な面を見せます。解毒して、助けるという選択肢はないようでした。恋人がいますが、途中で死にします。声が違うシーンがあり、何故か一部、吹き替えをしているようです。

感想

オヤジの映画祭の第2弾です。まず、敵が何のために薬物をばらまこうとしているのかが、よく分からず、物語は全般に、適当、雑です。ストーリーを諦めるのなら、薬物中毒超人とのスーパーバトルを期待したかったところですが、そこも微妙で、本編には見所が見当たりません。チラシに藤谷文子から「お父さん、今回で”沈黙”を破ってください。」という謎のメッセージが届いているところだけ、面白かったです。当作品と「沈黙の奪還」「沈黙のステルス」は同じ監督なので、ミヒャエル・ケウシュ三部作として覚えましょう。余談になりますが、この監督は、郷ひろみのハリウッドデビュー作「ワイルドハート/遥かなる荒野へ」も手掛けている実力派です。アクションは、少な目ですが、強さ設定が、一般人 < 軍隊 < 超人 < セガールとなっており、セガールは超人よりも強いということが証明されました。

リンク

動画

アイテム

沈黙のステルス

f:id:nby2ki:20180914175748j:plain

基本情報

米タイトル

Flight of Fury

日タイトル

沈黙のステルス

米コピー

A flight plan to freedom...

日コピー

オヤジ、空に挑む。

米公開日

2007/2/20

日公開日

2007/10/27

監督

ミヒャエル・ケウシュ

あらすじ

元空軍隊員が、盗まれたステルス戦闘機を取り戻し、テロリストを壊滅させる。

主人公

  • 名前:ジョン・サンズ
  • 職業:囚人(前職:空軍隊員)
  • 元空軍隊員で、軍の機密を知りすぎてしまい、不当に拘留されていましたが、脱獄。「沈黙の脱獄」に続き、またも、脱獄の方法がお粗末なので、注目です。ステルス戦闘機が盗まれたとき、将軍が「あいつしかいない」と云っているので、腕はかなり信用されているよう。

感想

オヤジの映画祭の第1弾。ステルス戦闘機という今までにないアクションアイテムが登場するんですが、なんと、その設定は活かしません。最後にフライトバトルがちょっとあるものの、セガールが単身テロリストのアジトに乗り込んでいって、壊滅させるといういつもどおりの内容です。戦闘機シーンもありますが、大半が実際の飛行訓練映像からの引用で、それが、上手くつながっておらず、苦痛なだけでした。ステルスというと「ステルス」というトンデモ映画があるので、同じく期待したいところでしたが、そのトンデモ映画にさえ、遥かに達していませんでした。ただ、現地諜報員とテロリストがいきなりレズ行為をしだすシーンだけは、意味不明すぎて、面白いです。
アクションに関しては、セガールが、ヘンな形をしたナイフでバッサバッサとテロリストを刺し殺していました。やはり、銃撃戦のほうが多いのですが、そこそこ体を使って戦ってもいました。テロリストは60人くらいいましたが、楽勝。フライトバトルでは、セガールが、ステルスをひょいと傾けてミサイルを避けていました。

リンク

動画

アイテム

沈黙 OR NOT

ゲームを作りました。

phina.jsというライブラリを使っています。

 

沈黙シリーズのタイトルが、次々と表示されていきます。

沈黙シリーズの場合、何もせず、沈黙シリーズでない場合、クリック(またはタッチ)してください。

間違えたら、ゲームオーバーです。

 

沈黙の奪還

f:id:nby2ki:20180823153953j:plain

基本情報

米タイトル

Shadow Man

日タイトル

沈黙の奪還

米コピー

Either you're with him... or you're dead.

日コピー

このオヤジ、負け知らず。

米公開日

2006/6/6

日公開日

2007/1/13

監督

ミヒャエル・ケウシュ

あらすじ

ルーマニアで誘拐された娘を助ける。

主人公

  • 名前:ジャック・フォスター
  • 職業:道場の先生と社長(元CIA局員)
  • 元CIA局員で、現在は道場の先生と何かの会社の社長をしています。妻は亡くなっていて、娘が一人。娘のことを溺愛していて、家族想いの男かと思いきや、会社には、ちゃっかり愛人がいました。その愛人がいきなり裸になるシーンが、どう考えても必然性がなくて、サービスというより、セガールが抱きたかったからとしか思えません。

感想

この作品は、原題「SHADOW MAN」がセガール拳たっぷりだった「グリマーマン」っぽくて、娘を助けるというプロットが割と面白かった「沈黙の聖戦」っぽい。など、期待出来る要素がいくつかありましたが、見終わってみると、いつもの微妙なやつでした。CIA、ルーマニア警察、ロシア諜報機関などが、入り乱れるのですが、誰が誰だかよく分かりません。15周年記念ということで、藤谷文子から「お父さん、一度でいいから負けてください」とのメッセージが届きましたが、云わされてる感満載です。
アクションとしては、自らが指導する道場で「点穴」という、外部からの破壊をする外気功、内部からの破壊をする内気功(北斗神拳南斗聖拳は表裏一体みたい!)について説明するシーンがあり、本格合気道作品かと見せかけて、それを敵に使ったのは結局、最後だけなのでした。爆発、カーアクション、ガンアクションは、ほどほどにありますが、セガール拳は少ないです。個人的には、拳銃でヘリコプターを爆破してしまうシーンが無茶苦茶で、面白かったです。

リンク

動画

アイテム

沈黙の奪還[DVD]

沈黙の傭兵

f:id:nby2ki:20180807182614j:plain

基本情報

米タイトル

Mercenary for Justice

日タイトル

沈黙の傭兵

米コピー

This time, he's not for hire.

日コピー

このオヤジ、ヤリすぎ。

米公開日

2006/4/25

日公開日

2006/11/25

監督

ドン・E・ファンルロイ

あらすじ

亡くなった友人の妻子を助ける。

主人公

  • 名前:ジョン・シーガー
  • 職業:傭兵
  • 湾岸戦争では英雄と云われるほどの活躍をし、友人の妻子を助けるために行動を起こすというと、立派な人物のようですが、銀行職員や警察官や看守など、一般人を殺しすぎているので、そうでもないです。

感想

亡くなった友人の妻子が捕らわれてしまい、それを人質に武器商人の息子の脱獄を手伝わされます。そんなことに屈せず、ひたすらに悪を追い詰めるセガールが見たかったところですが、もう衰えました。云いなりになるのなら、その過程での敵との駆け引きを楽しみたいところですが、人物描写もストーリーも雑で、誰が何をしたいのか、何をやってるのかがよく分かりません。フランス大使館の人質は、どうなったの?なんで、銀行強盗したの?結局、武器商人の息子は、どうなったの?など、まあ、理解できたとしても、そう大して面白くはならないでしょう。アクションは、ほぼ銃火器を使ったものとなっていて、残念。背広もパツパツで、かなり、体が大きくなってきています。

リンク

動画

アイテム

沈黙の脱獄

f:id:nby2ki:20180705194450j:plain

基本情報

米タイトル

Today You Die

日タイトル

沈黙の脱獄

米コピー

Whoever set him up is definitely going down.

日コピー

このオヤジ、究極。

米公開日

2005/9/13

日公開日

2006/3/4

監督

ドン・E・ファンルロイ

あらすじ

警備の仕事中、同僚に罠にはめられ、警察に捕まるが、脱獄して、復讐する。

主人公

  • 名前:ハーラン・バンクス
  • 職業:運転手(元泥棒)
  • 義賊の泥棒として、悪党から金目のものを盗み、弱者に分け与えていたが、恋人に心配され、引退。義賊といいつつも、犯行現場を見つかると、相手は泥棒とはいえ、ためらいもなく人を殺していました。。

感想

脱獄といいつつも、脱獄は冒頭で、さらっと終了し、復讐が物語の主軸です。邦題が悪いにしても、脱獄の仕方もめちゃくちゃ。ワルと刑事が組んでいてとか、死んだはずのワルが実は生きていてとか、半端などんでん返しが面倒臭く、敵のボスの黒呪術が無意味。相棒との掛け合いが全く面白くない。セガール拳が少ない。(銃火器に頼りすぎ)など、いろいろ酷いのですが、結局、2,000万ドルをちゃっかり、自分のものにしてしまい、それを病院に寄付して、めでたしという強引なエンディングは面白かったです。豆知識としては、クロエ・グレース・モレッツが出ています。

リンク

動画

アイテム