沈黙の研究

スティーブン・セガールの沈黙シリーズのことだけ書きます

沈黙の復讐

f:id:nby2ki:20181227173415j:plain

基本情報

米タイトル

Born to Raise Hell

日タイトル

沈黙の復讐

米コピー

A duty project. A hunt for vengeance.

日コピー

"沈黙"シリーズ最新作!麻薬組織に仲間を殺された捜査官の壮絶なリベンジが始まる!!

米公開日

2011/4/19

日公開日

2010/12/11

監督

ラウロ・チャートランド

あらすじ

国際麻薬捜査部隊員が部下を殺され、麻薬売人に復讐する。

主人公

  • 名前:ボビー
  • 職業:IDTF(International Drug Task Force) 国際麻薬捜査部隊隊員
  • 9.11後にテロリストの財源にもなっている麻薬を根絶するために創設されたIDTFの隊員のリーダー。部下の安全確認ミスを、叱責するなど、責任感が強く、厳しい男。娘のように若い恋人がいて、今回も、物語にまるで必要性のないラブシーンがあります。

感想

麻薬組織のボスは妻を殺された復讐、セガールは部下を殺された復讐で、ターゲットが同じだったので、一緒にやっつけようという展開になるんですが、麻薬捜査官と麻薬組織が手を組むのは、アリなんでしょうか?今作は自ら脚本も担当しているのですが、セガールの世界観が見事に炸裂していますね。さらに、最後「お前は男だ」とお互いを褒め合い、強引に大団円。分かりやすく、ツッコミ所をきちんと押さえた構成はシリーズの中では良作と云えるでしょう。タイトルの「復讐」も話の内容とは、まあ、合っています。 アクションは、カット割が多く、今作もごまかしているようでした。また、スローモーションを取り入れ、敵のダメージを強調する演出はよく出来ていました。銃撃戦が多いのですが、最後、黒幕相手には敢えて銃を置き、安定のセガール拳で、今回も無傷でした。

リンク

動画

アイテム

沈黙の鉄拳

 f:id:nby2ki:20181227170306j:plain

基本情報

米タイトル

  A Dangerous Man  

日タイトル

  沈黙の鉄拳  

米コピー

  Dandy! Dynamite!! Dangerous!!!  

日コピー

  オヤジだって、3D!?  

米公開日

  2010/2/9  

日公開日

  2010/4/10  

監督

  キオニ・ワックスマン  

あらすじ

  元特殊部隊の男がチャイニーズマフィアを壊滅させる。  

主人公

  • 名前:シェーン・ダニエルズ
  • 職業:無職(元陸軍特殊部隊)
  • 暴漢に襲われる妻を助けるも、その犯人が他の何者かにより殺害され、冤罪で6年間、刑務所に。冤罪は晴れるのですが、その間に妻からは離婚を告げられ、自暴自棄になってしまいます。あのセガールが自暴自棄になったら、どんなに恐ろしいだろうかと期待しましたら、特別な演技も展開もないのでした。その非常すぎる奥さんを想う回想シーンが、全て裸で「想い出それだけ?」と愕然としました。セガールは自分の映画におっぱいを出すのが好きだ。  

    感想

      セガールが偶然助けた中国人の娘の叔父をチャイニーズマフィアから助け出すのですが、そこに偶然出合ったロシアンマフィア、悪徳警官が絡んできて、だんだん面倒な展開になります。セガールいわく「ギャングにも誇りはあり、正義のあるべきところにも腐敗はある。それは人生のように曖昧なもので、リアリティがある」と脚本をお気に入りのようなんですが、セガール映画にそんなことは、まあどうでもよいです。だけれども、割と破綻の少ない物語とほどほどのセガール拳があり、シリーズの中ではまあ見れるほうです。コピーの3D(Dandy! Dynamite!! Dangerous!!!)は「アバター」ブームに乗っかってきましたが、いつか、セガール拳を3Dで楽しめる日が来るのでしょうか。
    アクションのほうは、パンチ、投げなどいつもより細かい部分に早回しを入れた高速セガール拳を見ることが出来ます。R-15なので、敵はボコボコ、血まみれなのですが、暗いシーンとカメラのアップが多く、非常に見づらいのが残念なところ。メイキングでのセガール拳の動きを見ると、まだ動けているので、ちゃんと見せて欲しいです。「沈黙の聖戦」で競演したバイロン・マンが敵として登場し、見所になるかと思いきや、一矢も報いることができずにタコ殴りにされた挙句に、爆死。そもそも、この映画のセガールは一切の攻撃を受けておらず、還暦間際にして、まさかの完封勝利なのでした。  

    リンク

  • A Dangerous Man(2009) - IMDb  

    動画

  • 沈黙の鉄拳 予告編

  • A Dangerous Man Trailer  

    アイテム

  • 沈黙の鉄拳[DVD]

沈黙の鎮魂歌

f:id:nby2ki:20181227155936j:plain

基本情報

米タイトル

Driven to Kill

日タイトル

沈黙の鎮魂歌

米コピー

Some fathers fight for justice... Others for revenge.

日コピー

妻よ、娘よ、カタキは俺がとる

米公開日

2009/5/19

日公開日

2010/2/3

監督

ジェフ・F・キング

あらすじ

前妻を殺され、娘を重傷を負わせたロシアンマフィア壊滅させる。

主人公

  • 名前:ルスラン
  • 職業:作家(前職:マフィア)
  • 以前は、ロシアンマフィアのボスでしたが、今では足を洗い、当時の出来事をネタに犯罪小説を書いています。(日本でいう安部譲二さん)前職がマフィアなので、言動から好戦的かつ暴力的な男に見えますが、娘の婚約者に「人には2種類いる。心の無い人間は殺しを楽しみ、何も感じない。お前や俺のような人間は苦しみを背負う」と話しているところを見ると、本心では人を殺すことについて心苦しく思っているようです。前妻との間に娘が一人、母はサンクトペテルブルクの出身。地元では若いオネーチャンたちと楽しんでいる様子です。

感想

日本でも劇場公開されることなく、ビデオリリースでしたが、出来はとても良いです。セガール拳が多く、しかも、カット割りは多いものの、セガール本人が戦っているという嬉しい内容になっています。肩がぶつかったら、半殺し。ナイフバトルで、マフィアをメッタ刺し。酒場では、伝票刺しにマフィアの頭をぶっ刺すという暴れぶりで、血の量も非常に多かったです。質屋で店員を襲い、監視ビデオテープを持ち去る悪質具合もイケてました。シリーズで初めて、邦題を一般公募した作品で、私は「沈黙の婚礼」で応募しましたが、不採用となり、涙しました。公式ページから、セガールが結果発表をしている動画を見たのですが、何回聞いても「沈黙のチンコンカン」と聞きとれてしまうので、この発音を正としたいと思います。

リンク

動画

アイテム

沈黙の逆襲

f:id:nby2ki:20181226233303j:plain

基本情報

米タイトル

The Keeper

日タイトル

沈黙の逆襲

米コピー

なし

日コピー

2年間の“沈黙”を破り、無敵のオヤジが帰ってきた!

米公開日

2010/1/19

日公開日

2009/10/3

監督

キオニ・ワックスマン

あらすじ

友人の娘をボディガードしながら、マフィアを壊滅する。

主人公

  • 名前:ローランド・サリンジャー
  • 職業:ボディガード(前職:刑事)
  • かつては、軍隊に所属し、その後、SWATの教官となり、現在はロサンゼルスで刑事をしています。職務中、銃撃戦で、負傷し、警察を解雇されてしまいますが、教官時代の上司から、娘のボディガードをして欲しいとの依頼で、引き受けることとなりますが、こんなに長い過去の設定、必要でしょうか?その娘さんから、家族に関する質問を受けますが、無視したので、家族構成は不明。ボディガードといいつつも、いつものノリで過剰な正当防衛をしていきます。今までのシリーズでは黙認されていましたが、今作では警察に捕まり「弁護士に連絡しろ。ここは無法地帯じゃないんだ。人を撃てばただじゃ済まん」と諭されますが、教官の政治力で釈放。結局、やりたい放題なのでした。

感想

沈黙の報復」で沈黙シリーズ完結を煽っていましたが、何事もなかったかのように継続です。今作のタイトルは「逆襲」ですが、最初に裏切った刑事は速攻で殺してしまうので、逆襲は、実は物語の主軸ではありません。友人の娘のボディガードをする話で、セガール版「ボディガード」になるかと思いきや、やはりいつもどおりの中身スカスカの無敵インチキアクションです。カーアクション、ガンアクション、セガール拳がバランス良く観れますので、沈黙シリーズとしては良作でした。

リンク

動画

アイテム

沈黙の報復

f:id:nby2ki:20181212103442j:plain

基本情報

米タイトル

Urban Justice

日タイトル

沈黙の報復

米コピー

When revenge is personal, justice can be brutal.

日コピー

オヤジ、死に挑む。

米公開日

2007/11/13

日公開日

2007/11/24

監督

ドン・E・ファンルロイ

あらすじ

息子を殺された父親が犯人に報復する。

主人公

  • 名前:サイモン・バリスタ
  • 職業:不明
  • 過去、現在の職業は不明で、何故か警察のデータベースに自分の名前でログインできたり、出処不明の銃火器類が登場、ビデオで合気道を覚えたなど、謎の人物風に描かれますが、ただ、映画としていい加減なだけっぽいです。家族構成は、妻とは別れていて、珍しく息子がいますが、殺されてしまいます。そして、最後、犯人のところへ乗り込むぞというときに、大家さんから「報復は報復を呼ぶだけ。それじゃ、ギャングと同じ」と珍しくセガールの行動に本編からの制止が入りましたが「いいや、俺のほうがワルさ」と無視し、さらにギャングからも「クールな野郎だ、筋金入りのギャングだぜ」とワルぶりを賞賛されるという、いつもどおりを貫き通す安定の主人公でした。

感想

オヤジの映画祭第3弾にして「”沈黙シリーズ”遂に完結!?」と2度目の終焉宣言がなされましたが、やはりネタでした。今作では息子が殺されたため、すごく怒ってますが、演技はいつもと同じです。ストーリーの単純さ、セガール拳の多さなどからいって、沈黙シリーズの中では、良作の部類と云えるでしょう。ガセ情報により、関係の無いギャングたちがキャメルクラッチで絞殺され、耳を撃たれるなど、壊滅状態になり、面白可哀想なところがいいですね。あとは、ロバート・ロドリゲス監督の作品でよく見るダニー・トレホが出演するというので、楽しみにしていましたら、全く重要でない役で、ズッコけました。ドン・E・ファンルロイ監督とは、3度目のタッグということで、おそらくセガールとは仲が良く、重要人物です。

リンク

動画

アイテム

沈黙の激突

f:id:nby2ki:20181019095744j:plain

基本情報

米タイトル

Attack Force

日タイトル

沈黙の激突

米コピー

Humanity's greatest hope... Faces his greatest battle.

日コピー

オヤジ、超人に挑む。

米公開日

2006/12/5

日公開日

2007/11/10

監督

ミヒャエル・ケウシュ

あらすじ

米軍将校が、薬物で超人化した人たちをやっつける。

主人公

  • 名前:マーシャル・ローソン
  • 職業:米軍将校
  • 部下からは「威厳がある」「クソ野郎」と云われ、賛否両論。結局、敵に薬物をばらまかれてしまうと、汚染された村の村人を容赦なく虐殺していくという冷酷な面を見せます。解毒して、助けるという選択肢はないようでした。恋人がいますが、途中で死にします。声が違うシーンがあり、何故か一部、吹き替えをしているようです。

感想

オヤジの映画祭の第2弾です。まず、敵が何のために薬物をばらまこうとしているのかが、よく分からず、物語は全般に、適当、雑です。ストーリーを諦めるのなら、薬物中毒超人とのスーパーバトルを期待したかったところですが、そこも微妙で、本編には見所が見当たりません。チラシに藤谷文子から「お父さん、今回で”沈黙”を破ってください。」という謎のメッセージが届いているところだけ、面白かったです。当作品と「沈黙の奪還」「沈黙のステルス」は同じ監督なので、ミヒャエル・ケウシュ三部作として覚えましょう。余談になりますが、この監督は、郷ひろみのハリウッドデビュー作「ワイルドハート/遥かなる荒野へ」も手掛けている実力派です。アクションは、少な目ですが、強さ設定が、一般人 < 軍隊 < 超人 < セガールとなっており、セガールは超人よりも強いということが証明されました。

リンク

動画

アイテム

沈黙のステルス

f:id:nby2ki:20180914175748j:plain

基本情報

米タイトル

Flight of Fury

日タイトル

沈黙のステルス

米コピー

A flight plan to freedom...

日コピー

オヤジ、空に挑む。

米公開日

2007/2/20

日公開日

2007/10/27

監督

ミヒャエル・ケウシュ

あらすじ

元空軍隊員が、盗まれたステルス戦闘機を取り戻し、テロリストを壊滅させる。

主人公

  • 名前:ジョン・サンズ
  • 職業:囚人(前職:空軍隊員)
  • 元空軍隊員で、軍の機密を知りすぎてしまい、不当に拘留されていましたが、脱獄。「沈黙の脱獄」に続き、またも、脱獄の方法がお粗末なので、注目です。ステルス戦闘機が盗まれたとき、将軍が「あいつしかいない」と云っているので、腕はかなり信用されているよう。

感想

オヤジの映画祭の第1弾。ステルス戦闘機という今までにないアクションアイテムが登場するんですが、なんと、その設定は活かしません。最後にフライトバトルがちょっとあるものの、セガールが単身テロリストのアジトに乗り込んでいって、壊滅させるといういつもどおりの内容です。戦闘機シーンもありますが、大半が実際の飛行訓練映像からの引用で、それが、上手くつながっておらず、苦痛なだけでした。ステルスというと「ステルス」というトンデモ映画があるので、同じく期待したいところでしたが、そのトンデモ映画にさえ、遥かに達していませんでした。ただ、現地諜報員とテロリストがいきなりレズ行為をしだすシーンだけは、意味不明すぎて、面白いです。
アクションに関しては、セガールが、ヘンな形をしたナイフでバッサバッサとテロリストを刺し殺していました。やはり、銃撃戦のほうが多いのですが、そこそこ体を使って戦ってもいました。テロリストは60人くらいいましたが、楽勝。フライトバトルでは、セガールが、ステルスをひょいと傾けてミサイルを避けていました。

リンク

動画

アイテム