沈黙の研究

スティーブン・セガールの沈黙シリーズのことだけ書きます

沈黙の粛清

f:id:nby2ki:20211219183913j:plain

基本情報

米タイトル

Code of Honor

日タイトル

沈黙の粛清

米コピー

There is no honor in revenge.

日コピー

このオヤジ、無双!セガール史上、最も過激な復讐劇の幕が上がる!

米公開日

2016/5/6

日公開日

2016/8/20

監督

マイケル・ウィニック

あらすじ

セガールがギャングを処刑する。

主人公

  • 名前:ロバート・サイクス
  • 職業:?(元米軍特殊部隊)
  • 元米軍特殊部隊の大佐ですが、アフガニスタン遠征中に妻子をギャングに殺され、復讐の鬼と化して地元ギャングを処刑しています。今は何をしているのかわかりませんが、そもそも存在自体が謎というのが、この映画のキモ。詳細は感想に書きます。

感想

冒頭ギャングの麻薬取引現場に待ち伏せし、超絶射撃でギャングを殲滅していくのですが、体が大きくなりすぎて、動けないを動かないに正当化した一石二鳥のスナイパーセガールの登場です。「TRUE JUSTICE」からですかね、スナイパー役はこの作品以外でも結構出てくるので、本人もお気に入りなのでしょう。血がドバドバ飛びまくり、いつものキオニ監督作品ではないし、セガールとしてはかなり特異な雰囲気が伝わってきます。IMDBによるとセガールは48分までセリフがないとのことで、謎の男風に描かれます。そこへFBI捜査官が登場し、セガールとギャングを追い、三つ巴の戦いになるんですが、最後、セガールとFBI捜査官のいる現場が爆発し、遺体がひとつ発見されます。セガールは本当に存在したのか?FBI捜査官がセガールだったのか?みたいな謎かけエンドで終わるんですね。視聴者に解釈は委ねるというミステリー映画でたまにあるやつですが、セガール映画だけに展開、描写が雑で、整合性、伏線はおそらくないので、絶対に答えは出ません。セガール映画でそうきたか。ちょっとイラっときましたが、新しいことに挑戦という意味ではよかったかもと前向きに考えてみました。

リンク

動画

アイテム