沈黙の研究

スティーブン・セガールの沈黙シリーズのことだけ書きます

沈黙の大陸

f:id:nby2ki:20220225203534j:plain

基本情報

米タイトル

China Salesman

日タイトル

沈黙の大陸

米コピー

Who are you? I am a CHINA salesman.

日コピー

全世界待望のドリームマッチが遂に実現。人類最強の男が今、決する!

米公開日

2018/6/15

日公開日

2018/10/3

監督

タン・ピン

あらすじ

アフリカの通信回線インフラを導入しようとする中国がフランスに邪魔される

主人公

  • 名前:ラウダー
  • 職業:バー経営者(元傭兵)
  • 元傭兵で引退してバーを経営しているが、武器密売などの便利屋としても活動している。沈黙シリーズでありながら、お馴染みになってきたセガールがちょこっとしか出ないやつです。

感想

何といってもセガールとタイソンの対決が一番目を引く作品ですが、製作がいつもの「Steamroller Productions」でなく、中国であるというところも、今までにない要素になります。しかし、新しいものが見れるのではという期待は裏切られます。セガールがちょっとしか出ないのはもう慣れましたが、タイソンも主人公ではなく、二人は冒頭でいきなり対決するものの、そのあとは中国の通信会社の会社員がアフリカに通信設備を導入しようとするも、フランスに邪魔されるという謎の物語が始まります。タイソンはその後も出てくるんですが、セガールはそもそもいなくてよかったんじゃないかっていうくらい意味ないです。これも沈黙シリーズとしてしまうのは「マチェーテ」や「エグゼクティブ・デシジョン」も沈黙シリーズとしてしまうような違和感がありますね。セガールとタイソンの対決は、セガールスタントマンが大活躍するものの、なかなか迫力のある面白い映像になっていて、そして、なんとセガールが負けます。これだけでも見る価値はありますが、やはりビッグネームを利用した話題作りといったところでしょうか。

リンク

動画

アイテム