沈黙の研究

スティーブン・セガールの沈黙シリーズのことだけ書きます

沈黙の鉄槌

f:id:nby2ki:20220227190934j:plain

基本情報

米タイトル

Beyond the Law

日タイトル

沈黙の鉄槌

米コピー

なし

日コピー

今度のオヤジはキレるとヤバい!!

米公開日

2019/12/6

日公開日

2020/6/3

監督

ジェームズ・カレン・ブレザック

あらすじ

息子を殺された元刑事が復讐する

主人公

  • 名前:アウグスティノ・フィン・アデア
  • 職業:ギャングのボス
  • ギャングのボスなんですけれど、あまりにも出演時間が短いので、バカ息子がいる以外のことはよく分かりません。セガールは主人公ではなく、脇役で悪役なんですが、セガールならではの衝撃の結末を迎えることになります。

感想

この映画の主人公は「沈黙の帝王」にも出ていたジョニー・メスナーで、セガールは脇役ですが、もういちいち驚いていられませんね。沈黙シリーズセガールが脇役なのは普通のことです。みなさんも受け入れましょう。物語はその主人公の息子がギャングに殺されてしまい、お父さんが調査、復讐していく話です。悪徳警官、セガールの息子を始末していき、最後にセガールに挑むのですが、なんと返り討ちにされてしまいます。普通の映画であれば、なんと後味の悪いというところですが、まあ、セガールなので、相手が悪かった。沈黙シリーズということで、納得感はあります。このセガールを活かした結末はこの作品の見どころといえるでしょう。この最後の闘いでセガール拳も見れるのですが、IMDBトリビアによるとスタントマンを使っていないとのことなので、ありがたく楽しむポイントになります。あと、この作品には「DENGEKI」のDMXと「暴走特急」のパトリック・キルパトリックも出ているとのことで、ジョニー・メスナーも併せて、セガール同窓会的な趣もありますね。パトリック・キルパトリックは正直よく知りませんが、これもIMDBトリビアなので、覚えておきましょう。

リンク

動画

アイテム