沈黙の研究

スティーブン・セガールの沈黙シリーズのことだけ書きます

沈黙の奪還

f:id:nby2ki:20180823153953j:plain

基本情報

米タイトル

Shadow Man

日タイトル

沈黙の奪還

米コピー

Either you're with him... or you're dead.

日コピー

このオヤジ、負け知らず。

米公開日

2006/6/6

日公開日

2007/1/13

監督

ミヒャエル・ケウシュ

あらすじ

ルーマニアで誘拐された娘を助ける。

主人公

  • 名前:ジャック・フォスター
  • 職業:道場の先生と社長(元CIA局員)
  • 元CIA局員で、現在は道場の先生と何かの会社の社長をしています。妻は亡くなっていて、娘が一人。娘のことを溺愛していて、家族想いの男かと思いきや、会社には、ちゃっかり愛人がいました。その愛人がいきなり裸になるシーンが、どう考えても必然性がなくて、サービスというより、セガールが抱きたかったからとしか思えません。

感想

この作品は、原題「SHADOW MAN」がセガール拳たっぷりだった「グリマーマン」っぽくて、娘を助けるというプロットが割と面白かった「沈黙の聖戦」っぽい。など、期待出来る要素がいくつかありましたが、見終わってみると、いつもの微妙なやつでした。CIA、ルーマニア警察、ロシア諜報機関などが、入り乱れるのですが、誰が誰だかよく分かりません。15周年記念ということで、藤谷文子から「お父さん、一度でいいから負けてください」とのメッセージが届きましたが、云わされてる感満載です。
アクションとしては、自らが指導する道場で「点穴」という、外部からの破壊をする外気功、内部からの破壊をする内気功(北斗神拳南斗聖拳は表裏一体みたい!)について説明するシーンがあり、本格合気道作品かと見せかけて、それを敵に使ったのは結局、最後だけなのでした。爆発、カーアクション、ガンアクションは、ほどほどにありますが、セガール拳は少ないです。個人的には、拳銃でヘリコプターを爆破してしまうシーンが無茶苦茶で、面白かったです。

リンク

動画

アイテム

沈黙の奪還[DVD]