沈黙の研究

スティーブン・セガールの沈黙シリーズのことだけ書きます

沈黙の聖戦

f:id:nby2ki:20180601085338j:plain

基本情報

米タイトル

Belly of the Beast

日タイトル

沈黙の聖戦

米コピー

A Father's Rage Knows No Limit.

日コピー

このオヤジ最強。

米公開日

2003/12/30

日公開日

2004/10/2

監督

チン・シウトン

あらすじ

タイで誘拐された娘を元CIA局員の父が助けに行く。

主人公

  • 名前:ジェイク・ホッパー
  • 職業:私立探偵(元CIA局員)
  • 元CIA局員で、現在は私立探偵をしている。妻を亡くしていて、娘が一人。娘の発言「私のパパは世界一よ」と、自身の発言「あり得ないとは思うが、もし私が戻らなかったら、このカネで暮らせ」から、自他共に認める最強であることが窺える。

感想

単身、外国で銃と拳を振り回し、捕まった警察でも暴れまくるという、ムチャクチャっぷりは、ファンタジーの世界観です。今作の監督のチン・シウトン「LOVERS」「HERO」のアクション監督ということで、ワイヤーアクションを多用したアクションはいつもと違って、派手で面白いです。ワイヤーは、主に敵の吹っ飛び用で、セガールも負けじと動きまくっているかと思いきや、飛び廻し蹴りなんかは、体が細身になっているのをハッキリ確認できるので、別人ですね。顔をバッサリ、フレームアウトしている場面も、顔を映さない必然性が全くなく、別人っぽいです。シリーズにしては珍しく、相棒も強くて、アクションの満足度は高いです。あとは、終盤、敵がセガールに呪いをかけ、追い詰めるも、タイの坊さんたちがお経でこれを阻止するんですけど、それだけでタイトルを「聖戦」にしちゃった配給会社のセンスが強烈でした。リーアム・ニーソン主演でヒットした「96時間」もオヤジが海外で捕らわれた娘を助けるという内容で、酷似しているので、「沈黙の聖戦」も見直されてほしいところです。

リンク

動画

アイテム